• ホーム
  • カーネステンとエンぺシドは真菌症のクリーム治療薬

カーネステンとエンぺシドは真菌症のクリーム治療薬

2020年05月07日

真菌症の治療薬には、カーネステンとエンペシドというクリームもあります。どちらも有効成分に抗真菌成分であるクロトリマゾールが含まれており、クロトリマゾールはイミダゾール系の真菌感染症治療薬として有名です。白癬菌が原因であるかかとの角質増殖型水虫に効果があるだけではなく、カンジダ症などの改善に用いられることもあります。

外用液やクリーム、トローチや膣錠などが販売されていますが、かかとの角質増殖型水虫の治療にはクリームタイプを使用することがほとんどです。トローチは口腔内に感染した性病の治療、膣錠はカンジダ症などの性病の改善に用いられるので、この2つを水虫治療の目的で使用することはありません。

カーネステンとエンペシドはどちらもイミダゾール系の真菌感染治療薬であり、似たような効果を発揮してくれます。それぞれについて詳しく見ていくと、カーネステンは真菌の増殖を抑える作用があり、それによって水虫の原因菌の増殖を抑制するという効果があるのです。1日2回か3回、清潔な手で患部に塗布します。6日間継続して使用するように指示されていますが、必要に応じて使用期間を延長していくという方法をとらなければなりません。患部への塗り方は、患部周辺にも真菌が付着していることを考慮して広めに塗ることが大切であり、擦り込むように塗布することが推奨されています。

エンペシドもカーネステンと同じように、真菌の増殖を抑えて水虫を治していくというものです。塗り方についてもカーネステンと同じように、1日2回か3回を患部に塗布するという方法をとります。エンペシドは錠剤の飲み薬も有名ですが、これは主に性感染症の治療で用いられることが多く、水虫の治療ではどちらかと言うとクリームタイプが用いられることが多いと言えるでしょう。

カーネステンの副作用には刺激感や痛み、痒み、発赤、熱感などがあります。エンペシドクリームの副作用には、接触性皮膚炎や刺激感、発赤や紅斑などが起こることがあると報告されているのです。いずれも治療薬が皮膚を過剰に攻撃してしまい起こる副作用ですが、基本的には使用を中止すれば症状がおさまります。重篤化することは少ないと言えますが、もし万が一ひどい症状を起こした場合は、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。また、目などの粘膜に付着してしまうと危険なので、塗布した後の手はすぐに洗うことで、薬や菌が付着しないように注意してください。

エンペシドやカーネステンを用いることでも、かかとの角質増殖型水虫を治すことができます。しかし、重症化している場合はなかなか効果があらわれない可能性も高いので、2週間か3週間ほど使用を行っても症状が改善されないようであれば、一度医療機関を受診するようにしてください。これらのクリームタイプで効果がなかった場合は、医師の指示によって、身体の内部から菌を退治する飲み薬への切り替えなどが行われるでしょう。

関連記事
かかと水虫の原因は何?

近頃は特に女性でかかとのガサガサに悩んでいる人が増えています。女性はストッキングやタイツを着用する機会が多いので、よりガサガサが気になってしまうものです。冬に症状が起こった場合や普段から肌が乾燥気味である場合は、潤い不足が原因だと考えてしまう人も少なくありませんが、実は角質増殖型水虫であることも多い...

2020年07月07日
似たような症状の水虫と皮膚カンジダ症は中身が全然違う

水虫も皮膚カンジダ症も、発症してしまうと強い痒みが生じたり、感染部がジュクジュクした状態になったりするなど、共通している点もいくつかあります。しかしながら、これらの病気は全然違うものであるという認識を持っていなければなりません。水虫と皮膚カンジダ症は原因菌など共通する部分も多いですが、感染経路や治療...

2020年06月02日
大容量のジェネリック薬、ミコゲルクリーム

かかとの角質増殖型水虫を治療するときに、なるべくお得な方法を選択したいのであれば大容量のミコゲルクリームを使用することができるでしょう。先発薬の1.5倍量を手に入れることができるため、長期に及ぶ水虫治療でも余裕をもって使うことができるという魅力があります。ミコゲルクリームは水虫以外にもカンジダ症など...

2020年04月08日
水虫治療薬ラミシール錠の押さえておくべきポイント

水虫治療薬としてはラミシールという名前の医薬品が用いられることもあります。ラミシールは真菌の細胞膜成分の生合成に必要な酵素を阻害することによって、真菌の増殖を抑える薬です。かかとの角質増殖型水虫の原因となる白癬菌の増殖を抑制するという、殺菌作用を発揮します。ラミシールはノバルティスというスイスを拠点...

2020年03月10日
イトリゾールにはお手頃なジェネリック治療薬が存在する!

病院で処方されることが多いイトラコナゾールは、水虫にとても効果があります。重症化していない場合であれば、かかとの角質増殖型水虫にも効果があるので、飲み薬のなかで最もよく用いられているでしょう。しかしながら、なかには費用が高いと感じてしまう人もいるかもしれません。もしもイトラコナゾールよりもお得な医薬...

2020年03月06日
水虫の治療薬には服用タイプのスポラノックスやイトリゾールもある

水虫の治療を行う場合、処方薬として出されるものに塗り薬を思い浮かべる人が多いですが、実は服用タイプの治療薬もあります。かかとの角質増殖型の治療であっても、服用するタイプの薬を飲むことで完治を目指すことができるのです。有名なものにはイトラコナゾールとスポラノックスがあります。イトラコナゾールは、原因で...

2020年03月03日
ニゾラールクリームは抗真菌作用で水虫の増殖を抑える!

角質増殖型水虫の治療を行うためには、効果的な医薬品を用いる必要があります。そのため、病院で処方薬を出してもらったり、ドラッグストアやインターネット通販で薬を購入したりしなければならないのです。抗真菌薬であるニゾラールクリームを使用すれば、抗真菌作用によって水虫の増殖を抑えることができるでしょう。ニゾ...

2020年03月01日